« 日本語教師養成WEB講座スクーリング | トップページ | 財団法人日本語教育振興協会の生きる道 »

2011年3月27日 (日)

3年B組金八先生 ファイナル

1979年秋、勤めていた町工場が傾いて廃業することになった。その後数カ月、残務整理のために走り回った。社会人になってから遠ざかっていたテレビを見たのはこのころである。
金八先生のドラマはそのころの半年間、金曜8時に放映された。熱血教師の物語は印象に残った。「15歳の母」だけではない。多くの人の共感を得たようだ。
その後の30年余の経過を思って感慨深い。

ところで、今は人生80年時代。定年後の仕事として日本語教師を目指す人が少なからずいる。特に教員出身者には多いようだ。ファイナルの続編として日本語教師はどうだろうか。TBSに投稿しようか?

|

« 日本語教師養成WEB講座スクーリング | トップページ | 財団法人日本語教育振興協会の生きる道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3年B組金八先生 ファイナル:

« 日本語教師養成WEB講座スクーリング | トップページ | 財団法人日本語教育振興協会の生きる道 »