« (財)日本語教育振興協会の維持会費と審査料 | トップページ | 生成22年度 日本語教育能力検定試験試験問題 »

2011年4月 2日 (土)

創造学園大:大学基準「不認定」に 第三者評価満たさず--高等教育評価機構 /群馬

毎日jp
『私立大学などの第三者評価を行う財団法人日本高等教育評価機構は31日、学校法人堀越学園(王豊理事長、高崎市)が運営する創造学園大学(堀越哲二学長)について、同機構が定める大学評価基準を満たしていないと発表した。堀越学園を巡ってはこれまで、経営面での問題点が指摘されてきたが、同機構は創造学園大の教育指導体制についても改善を求めた。
 同機構の認証評価は11項目で行われるが、大学運営の根幹となる▽教育研究組織▽教育課程▽学生▽教員▽職員▽管理運営▽財務▽社会的責務--の8項目で基準を満たしておらず、総合評価は「不認定」になった。基準を満たしたのは▽建学の精神・大学の基本理念及び使命・目的▽教育研究環境▽社会連携--の3項目だけだった。
 公開されている財務情報資料は私立学校法で定めた要件を満たしていないとの見解も示した。学生数も過去5年間、定員を大きく下回っているという。』
 少子化は大学を直撃している。要するに需給バランスの問題だ。一部の大学関係者は苦労しているだろう。

日本語学校についても、設立・認定のために需給バランスが考慮されることはなかった。過去20年余で800校が認定されその半数の400校が廃校になった事実がある。
思うに、学校にとって継続性はきわめて大切である。教育水準の向上、ノウハウの蓄積などには一定の継続性が不可欠だからである。
しかし、継続性を事前に診断することは難しい。事後的な評価システムでもしかたがないが、「不認定」というのはどういう法的な効果があるのだろうか。

|

« (財)日本語教育振興協会の維持会費と審査料 | トップページ | 生成22年度 日本語教育能力検定試験試験問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 創造学園大:大学基準「不認定」に 第三者評価満たさず--高等教育評価機構 /群馬:

« (財)日本語教育振興協会の維持会費と審査料 | トップページ | 生成22年度 日本語教育能力検定試験試験問題 »