« 三軒茶屋のビジネススクール | トップページ | 五輪招致委、重い空気…石原ブランド消え衝撃 »

2012年10月25日 (木)

デジタル家電、半年で半額

日本経済新聞。
『デジタルカメラや薄型テレビなどのデジタル家電の値下がりが加速している。今春に発売されたモデルの価格は半年間で多くが50%前後下落。5年前は同期間で10~30%で、下落ペースが速まっている。消費者にとって高機能の新製品を安く買えるようになったが、家電メーカーや量販店は利益を稼ぎにくい状況が強まっている。独創性のあるヒット商品が登場しない限り、こうした傾向が続きそうだ。』

6月にノートを買った。3月発売のものを約35%ぐらい安くなっていた。それがもっと安くなって加速度がついている。最近の様子から見ると,ノートからスマホ,タブレットへ移行している段階かも知れない。
今年になってタブレットを購入した知人(60歳代後半)が2人もいる。両者ともネットはおろかメールでさえ無縁の人だったはず。先日もいろいろなアイコンを操作して見せてくれた。
私は昔ながらの携帯だが,家族はみんなIphoneをもっている。ちまちました画面のスマホは私の目には適さないけれども,そろそろタブレットを買おうか。

|

« 三軒茶屋のビジネススクール | トップページ | 五輪招致委、重い空気…石原ブランド消え衝撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタル家電、半年で半額:

« 三軒茶屋のビジネススクール | トップページ | 五輪招致委、重い空気…石原ブランド消え衝撃 »