« デジタル家電、半年で半額 | トップページ | 世界でいちばん楽しい会社: 夢を追う12の起業家たち »

2012年10月26日 (金)

五輪招致委、重い空気…石原ブランド消え衝撃

YAHOO JAPAN ニュース。讀賣新聞。
『2020年の夏季五輪招致を目指す東京都が、石原慎太郎知事(80)の辞職表明に衝撃を受けている。
 開催都市の最終選考が10か月後に迫り、早ければ12月には国際オリンピック委員会(IOC)の支持率調査が始まるが、「首都の顔」が決まるのは同月中旬。これまで石原知事の個性で世間の関心をつなぎ留めてきただけに、「都知事が代われば選考レースの行く末にも影響する」と不安の声も上がっている。』

石原氏の政治センスはたいしたものだ。都知事2選目に警察畑の官僚を副知事に据えて「外国人犯罪キャンペーン」を展開したときに,その威力を痛感した。
しかし,東京へのオリンピック招致はすばらしい発想だった。バブル崩壊後に停滞を続ける日本社会への最後の貢献かと感じていた。
最近は,私もスーツにオリンピック招致のバッジをつけている。都知事を退職後もオリンピック招致に成功するように働いてもらいたい。

|

« デジタル家電、半年で半額 | トップページ | 世界でいちばん楽しい会社: 夢を追う12の起業家たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪招致委、重い空気…石原ブランド消え衝撃:

« デジタル家電、半年で半額 | トップページ | 世界でいちばん楽しい会社: 夢を追う12の起業家たち »