« 韓国経済の実態  失業率が低水準の理由 | トップページ | 日本語学校生の学費に消費税を課すな! »

2013年2月18日 (月)

<法制審>個人保証原則認めず 中小企業融資で民法改正検討

Yahoo Japan 毎日新聞
中小企業の経営者は銀行融資を受けるときに必ず個人保証を求められる。諸外国はどうだろうか。少なくともアメリカではそういうことはない。日本でも上場会社の代表者は個人保証を求められることはない。
日本の銀行は企業融資といいながら代表者個人に融資をする。業績とか将来性とか融資の可否について審査する能力を持たないからだろう。
優秀な従業員に事業を承継させようとしても,サラリーマン生活だった者は水準の異なる規模の「保証」にびびってしまう。起業家が減少する原因の一つでもある。
こうした金融業界の未熟さが日本の停滞を招いている。これでは日本社会の成長は望めない。
アベノミクスの最も肝心な柱の「成長戦略」では,日本の金融業の構造的な問題に手をつけるのだろうか。

|

« 韓国経済の実態  失業率が低水準の理由 | トップページ | 日本語学校生の学費に消費税を課すな! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <法制審>個人保証原則認めず 中小企業融資で民法改正検討:

» 法制審:個人保証原則認めず 中小企業融資で民法改正検討 [自分なりの判断のご紹介]
ある意味画期的では あるんでしょうね。 これで、やがては悲劇が かなり減ることになる かとは思います。 法制審:個人保証原則認めず 中小企業融資で民法改正検討 銀行や貸金業者が中小企業 な...... [続きを読む]

受信: 2013年2月18日 (月) 15時40分

« 韓国経済の実態  失業率が低水準の理由 | トップページ | 日本語学校生の学費に消費税を課すな! »